フリーランスの成功ストーリー

フレンドリーでアクセス可能な情報のオアシス

名古屋市守山区不動産売却

名古屋市守山区の特徴
名古屋市守山区は、名古屋市の北東部に位置しています。
面積は34.01平方キロメートルであり、名古屋市内の16区の中で2番目に広い区域を持っています。
守山区は丘陵地帯が多く、瀬戸市との境には「東谷山」という山がそびえています。
その周辺には「東谷山フルーツパーク」と「愛知県森林公園」という、自然を満喫できるスポットがあります。
自然に恵まれた守山区では、不動産の売却を考えている方に対して、この記事では守山区の特徴、最近の不動産取引の件数、売却価格の相場などを詳しくご紹介します。
また、不動産と一口に言っても、土地(空き地や空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地など、さまざまな種類があります。
不動産の売却を進める際の参考にしてみてください。
名古屋市守山区の特徴とは
不動産を売却するためには、情報収集が欠かせません。
売却希望者は、価格の相場だけでなく、物件の情報も重要視しています。
そこで、ここでは名古屋市守山区の特徴について詳しく見ていきましょう。
まず、名古屋市守山区の人口は2023年10月1日時点で176,854人、世帯数は77,229世帯です。
これは2021年に次いで2番目に多い数字です。
1989年には145,010人、2010年には168,551人であり、現在の176,878人となっています。
人口は年々増加しており、これからも増え続けることが予想されます。
そのため、名古屋市守山区の不動産需要は高まるでしょう。
売却を進める際には、スムーズに進められることでしょう。
さらに、名古屋市守山区には戦国時代の城跡や古寺、国史跡として認定されている古墳群など、歴史的に非常に重要な名所旧跡が数多く存在しています。
参考ページ:名古屋市守山区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
守山区の散策コース
守山区では、後世に貴重な歴史遺産を伝えるために、さまざまなニーズに合わせて6つの散策コースを設定しています。
例えば、「城跡と寺社巡り」コースでは、散策のスタート地点として「宝勝寺」を訪れ、その後「守山城跡」へ進み、すいどうみち緑道を通りながら「瓢箪山古墳」や「小幡城跡」を巡ることができます。
また、「歴史の里巡り」コースでは、保存状態が良い横穴式石室が見どころの「東谷山白鳥古墳」や、国史跡である志段味(しだみ)古墳群を順に巡るルートが提供されています。
これらの散策コースを通じて、守山区の歴史を楽しむことができます。
守山区の住みやすさ
守山区の名古屋鉄道瀬戸線「小幡駅」周辺は、長い歴史がある住宅地でありながら、新築の一戸建てやファミリー向けマンションも増えています。
地域の住民は幅広く、子育て世代からご年配の方まで様々ですが、治安の面でも心配はいりません。
小幡駅には北口と南口があり、北口には瀬戸街道や県道15号線が通っており、カフェ、ファミリーレストラン、コンビニ、ドラッグストアなどが点在しています。
南口から徒歩10分ほど行くと、千代田街道が東西に走り、こちらにも飲食店(主にチェーン店)、コンビニ、ドラッグストアがあり、自動車販売店などもあります。
さらに、JR中央本線の駅も近くにあり、新守山駅からは約16分で名古屋駅に、約11分で金山駅に到着することができます。
このように、JR中央本線では名古屋や金山まで1本でアクセスできるので、交通の便も良いところです。

名古屋市守山区不動産売却
トップへ戻る